お子様と一緒に歌いませんか!?子ども向け英語のお歌特集!!

皆さん、こんにちは!

今回のブログ記事は、お子さん達におススメの英語の歌とアニソンです。

幼児のお子様から中学生くらいのお子様まで楽しんでもらえるような曲も集めました。

ぜひ歌詞も検索していただき、親御さんとお子さんで一緒に歌ってくださいね。

Super Simple Songs

“BINGO” Super Simple Songs

お手々をたたいたり、足をたたいたり、お腹をポンポンと叩いたりして、体を動かしながら楽しく歌える曲です。お父さんやお母さんといっしょに楽しんでもらいたいですね。歌詞は、こちらからどうぞ。

Twinkle Twinkle Little Star

有名な「キラキラ星」の歌です。ABCの歌とメロディーラインが同じなので、すぐに覚えられて楽ですね。歌詞は、こちらからどうぞ。

Open Shut Them

冒頭は、日本語の「結んで、開いて」みたいですね。”big vs small”や”fast vs slow”や”loud vs quiet”など反対語を覚えるのにおススメの曲です。”Please”と”No, thank you”のやり取りが出てきて、最後は”peek-a-boo”「いない、いない、ばあ」もあります。歌詞は、こちらからどうぞ。

Old MacDonalds had a farm

こちらも知らない人はいないんじゃないかという位、有名な曲ですね。動物の名前と一緒に鳴き声も聞けるので、小さなお子さんにぴったりの曲です。歌詞は、こちらからどうぞ。本もあれば、もっと楽しめますね。

ABC song

初めてのABCは、やっぱりこの曲が定番ですね。ママやパパも一緒に歌ってあげてくださいね。

お子様が6歳くらいになられたら、ABCの読み書きも一緒にされてもいいでしょう。”free””printable””ABC”とgoogleで検索すれば、塗り絵やワークシートなどをメールアドレスを登録するだけでダウンロードできるサイトがたくさんあります。ご自宅にプリンターがあれば、いつでも印刷できるので便利です。

管理人
管理人
私の大好きなSuper Simple Songsのサイトにもワークシートがたくさんあります。ぜひ、こちらからどうぞ

ご自宅にプリンターがない場合は、コンビニで印刷しましょう。A3用紙を選べば、A4サイズのワークシートを2枚分印刷できます。この方法だと、アルファベット26文字分を13枚の用紙にコピーでき、費用も130円で済みます。

もっと簡単なのがいいという方は、100円均一でアルファベットの書き方練習帳を買われるのがおススメです。

Sweet dreams

小さなお子様の子守歌に、おススメの曲です。可愛らしいクマの親子の動画なので、きっとお子さんも気に入ってくれるでしょう。”Good night”「おやすみ」を知っている人と比べ、”Sweet dreams”「良い夢を」を知っている人は少ないのではないでしょうか。ステキなフレーズを覚えるチャンスですよ。歌詞は、こちらからどうぞ。

Little Snowflake

冬におススメの雪だるまと雪の結晶のお歌です。歌詞は、こちらからどうぞ。

頭と鼻は”on my head”と”on my nose”ですが、手の時は前置詞が”in my hand”です。頭や鼻に付着したというイメージで”on”が使われていますが、手中に収めるイメージで手の時は”in”になっているのは面白いですね。前置詞の勉強になります。

Row Row Row Your Boat

こちらも有名な曲です。ぜひお子様をお膝の上に抱っこしてあげて、一緒にお舟をこぐ動作をしながらこちらの曲を歌って差し上げてくださいね。歌詞は、こちらです。

“row”「ボートをこぐ」という動詞には”R”のサウンドが、”gently”「優しく、穏やかに」と言う副詞には”L”のサウンドが入っています。

また、”merry”は「陽気な」という形容詞で、皆さんよくご存じの”Merry Christmas!”に使われていますね。

“merrily”「陽気に」という副詞です。”R”と”L”が一緒に入っている上に、4回連続で登場するので、この曲は”R”と”L”発音の練習になっていいですね。

Head, Shoulders, Knees and Toes

定番の「頭、肩、膝、ポン」です。身体に触れながら歌う事で、体の名称を覚えられます。ポイントは、頭・鼻・口は単数形だという事と、肩・膝・つま先・目・耳は複数形だという所です。

管理人
管理人
手の親指はthumbsで、手の親指以外はfingersです。

足は親指をtoe(s)、三番目をmiddle toe(s)と呼び、五番目をlittle toe(s)と呼ぶと皆さんご存知でしたか?

“Do-Re-Mi” The sound of music

こちらも不朽の名作、ドレミの歌の英語版です。”The sound of music”の映画もおススメです。歌詞は、こちらからどうぞ。

“note(s)”は、音楽では「音符」という意味になります。また、日本語の「シ」は英語では”ti”という音になるのも興味深いですね。

Mickey Mouse Club March

皆大好きミッキーマウスのテーマ曲です。元気なマーチ曲で、歌詞もついているのが便利ですね。字体が少し読みづらいですが、歌詞付きです。ミッキーマウスのスペルを覚えられそうですね。”Come along”と”Sing the song”が韻を踏んでいますね。

Barbie Girl

可愛らしいPVですね。可愛いものが好きなお子さんにぜひ見てほしい動画ですね。歌詞は、こちらからどうぞ。“Life in plastic”と”It’s fantastic”、”imagination”と”creation”も韻を踏んでいます。

アニソン

「さんぽ」となりのトトロ

「となりのトトロ」の主題歌は、日本語版で内容が頭に入っているので、かなりおススメです。こちらの動画では、「さんぽ」の訳で”stroll”と書かれていますが、”Hey let’s go”というタイトルの場合もあります。歌詞は、こちらから。

A Whole New World

映画「アラジン」のテーマソングである”A whole new world”は、歌いやすいメロディーラインになので、おススメの曲の一つです。この曲の英語学習的に面白い所は、「素晴らしい」という意味を表す、色々な形容詞が使われている所です。”splendid””fantastic””dazzling””unbelievable””wondrous”など。また、”unbelievable”と”indescribable”が韻を踏んでいます。歌詞が付いているのも、ポイントが高いですね。

”Let It Go”アナと雪の女王

言わずとしれた「アナと雪の女王」の”Let it go”です。歌詞付きの上、曲に合わせて雪の結晶が動いてくれるのが最高です。小学校高学年のお子様の英語学習には、ぜひ歌詞を取り入れて勉強されるのをがいいでしょう。曲の中で、使役動詞の”let”を何度も使われています。

  • ”Don’t let them in”
  • “Don’t let them see”
  • Don’t let them know”
  • “Let it go””Let the storm rage on”

使役動詞を勉強した中学生のお子さんにぜひ、聞かせてあげてくださいね。

「紅蓮華」鬼滅の刃

こちらも、言わずと知れた「鬼滅の刃」のオープニングテーマの「紅蓮華」です。英会話講師のクレア先生が歌う英語版は、歌詞の訳が秀逸です。公式ではないですが、英語の勉強になります。ぜひ一度ご覧ください。

“strong vs along”や”erace vs race”や”air vs glare”など、韻を踏んでいる所も何か所もあるので、探してみてはいかがでしょうか。

“Good Mood “Paw Patrol

こちらは、映画「Paw Pawpatrol」の主題歌”Good mood”です。歌っているのは、Maroon5のボーカルであるアダム・レヴィーンです。歌詞付きなのも嬉しい動画です。歌詞の和訳は、こちらからどうぞ。

ハロウィーン

Knock Knock, Trick Or Treat?

ハロウィーンの時期に、ぜひお子様に見せてあげてください。仮装に”Trick or treat?”もできると、ハロウィーンがぐっと楽しくなりますね。歌詞は、こちら。

The Skeleton Dance

思わずダンスしながら歌いたくなるハロウィーンのダンスがこの曲”The skelton dance”です。ぜひ口ずさみながら、お子さんと踊ってみてくださいね。歌詞は、こちら。

Spooky spooky

ハロウィーンのおすすめ曲の最後は、”Spooky spooky”です。歌詞は、こちらから。

”spooky”は形容詞で、「不気味な」「薄気味悪い」「お化けがでそうな」という意味です。

クリスマス

Jingle Bells

この曲を聞くと、クリスマスが来たなと感じませんか?少し難しい単語も使われていますが、歌詞付きなので辞書等で意味を調べてみてくださいね。歌詞の日本語訳は、こちらからどうぞ。

O come all ye faithful

こちらは、有名な讃美歌です。歌詞があるので、親御さんはお子さんと一緒に新しい単語を辞書で調べてみてくださいね。歌詞の日本語訳は、こちらからどうぞ。

Silent Night

こちらもたまに難しい単語が出てきますが、辞書で調べてみましょう。歌詞の日本語訳は、こちらからどうぞ。

管理人
管理人
私も知らない単語Alleluia[ラテン]が出てきたので調べてみました。ハレルヤ”Hallelujah”と言われれば分かります。

Rudolph The Red Nosed Reindeer 

数あるクリスマスソングの中でも、私はこの曲が大好きです。皆さんの好きなクリスマスソングは何ですか?歌詞と日本語訳は、こちらです。

管理人
管理人
ところで、トナカイたちには皆それぞれ名前があるのをご存知でしょうか。

Dasher, Dancer, Prancer, Vixen, Comet, Cupid, Donner, Blitzenというそうです。

Winter Wonderland

クリスマス感たっぷりの曲です。歌詞付きで、どこが流れているのか分かるように色が白から赤に変わるのも便利です。歌詞の日本語訳は、こちら。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Youtubeでは、好きな動画を好きなだけミックスリストに登録できる機能があります。ぜひお子様の好きな曲をリストにして登録してあげてくださいね。

ミックスリストの作成がめんどくさいな~と思われた方は、CDを買われるのが楽だと思います。こちらのCDもおススメです。

実践してほしい事
英語に親しみやすい音楽ですが、親御さんにはぜひ実践してほしい事と気を付けてほしい事がいくつかあります。

  • 聞き流すだけでなく、なるべくお子さんと一緒に歌う
  • 分からない単語は、辞書を引いて調べる。
  • お子さんが歌えたら、「上手に歌えたね」「発音キレイだね」などと誉めてあげる。お母さん、お父さんもぜひ英語で褒めてあげてくださいね。

褒め言葉は以下の単語をご参考になさってください。

  • Excellent!/ Awesome!/Fantastic!/Bravo!/Fabulous!  (素晴らしい!)
  • Good job!/ Well done!/ Nice work! / Spectacular work! (よくできたね!)
  • That’s my boy(girl)! (それでこそ我が息子(娘)!)
  • You did it! (やったね!)
  • You’re really good at that! (それ本当に上手だね)
  • You amaze me. (きみには驚かされるよ)
  • You are amazing! (きみはすごい!)
  • Thumbs up. (いいぞ)

私は小さい頃、褒められるのが好きな子でした。大好きな母に、いい子だねって言ってもらえると、自分が認められた気がして幸せな気持ちになりました。

たくさん誉めてあげると、子どもは自己肯定感の強い子に育つそうです。英語でも日本語でも、いっぱい誉めてあげましょう。

気を付けてほしい事

  • 嫌がっているお子さんを無理矢理に歌わせようとしない。
  • 歌うのが苦手な子もいるので、そういう子の場合は聞き流すだけでOK
  • 歌えなくても怒らないであげてください。また、すぐに目に見える結果をお子さんに求めず、長い目で見てあげましょう。

目的は、英語が使われている環境にお子さんの身を置いてもらう事です。英語の曲を聞き続ける事は、将来テストや英検、TOEICを受ける際のリスニングに良い影響があるので、歌えなくてもお子さんに聞かせ続ける事が大切です。

お読みいただき、ありがとうございました。

作成者: w030441j

皆さん、こんにちは! プロフィールをお読みいただき、ありがとうございます。 言語学習は、「お金をかけずに」がモットーのYです。 取得資格は、英検準一級合格とTOEIC860点(2019年3月)です。 TESOL(Teaching English to Students of Other Languages)を持っています。 留学経験は、アメリカとオーストラリアに1ヶ月ずつ、カナダでワーキングホリデー1年間です。英語勉強歴は30年、講師歴6年です。 留学に費やしたお金200万ほど。英会話・教材などに費やしたお金100万ほどです。皆さんには、費用も時間も抑えて、英語を身に着けてほしいという事でブログを始めました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。